トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 今夜 ふたご座流星群 極大

今夜 ふたご座流星群 極大

2014年12月14日 8時54分

相原 恵理子相原 恵理子
[日本気象協会本社]気象予報士 防災士 熱中症予防指導員

ふたご座流星群 見えるかな(14日)

ふたご座流星群 見えるかな(14日)

極大は今夜21時頃。日付が替わり15日午前2時頃に放射点がほぼ天頂で、流れ星が真上から降るように見られそう。太平洋側は観察のチャンス。防寒着と願いごとの用意を。

★極大は21時頃 30分くらいは夜空を見上げよう

ふたご座流星群は、三大流星群のひとつとされています。
(他は、1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群)
放射点から四方八方に流れる星を見られたら、極寒の中でも、心はホッとできそうですね(^-^)

今夜からあすの明け方にかけて、
日本海側は雪雲に邪魔されて、星空観察にはあいにくの天気です。
太平洋側も強い寒気の影響で雲が出やすいですが、観察のチャンスありです。

極大時刻は今夜21時頃(14日:日曜の21時頃)です。
日付が替わって午前2時頃(15日:月曜の午前2時頃)には放射点がほぼ天頂に。
流れ星が真上から降ってくるように見られそうです。

見晴らしの良い場所を選びましょう。
街の明かりなどが少ない方向を眺めましょう。
※日付が替わる前後に下弦の月がのぼってきます。月の光が目に入らないようにすれば見やすいでしょう。
③あちらこちらに流れるため、広く見渡すようにしましょう。

冷え込みが強まる時間帯ですが、
なるべく30分くらいは夜空を見上げてみましょう。

★観察するにあたっての注意点

なんといっても寒さ対策です。
今夜からあすの明け方にかけて冷え込みが強まります。
例えば、鹿児島2度、高知、名古屋、東京は1度、仙台は氷点下3度くらいまで
気温が下がるでしょう。

流星群を見るには5分、10分ほどの短い時間ではなく、
30分くらいは屋外にいる必要があります。
また、運動をするわけではなく、静かに夜空を見上げるため、
体はどんどん冷えてしまいます。

しっかりと防寒対策をしてください。
体の熱は頭部から逃げていきやすいため、
帽子などをかぶって、頭部を冷やさないようにするのも良いでしょう。
また、首、手首、足首をマフラーや手袋、厚手の靴下などであたためるのもポイントです。

極寒に耐えても、見る価値十分あり☆(^-^)
とっておきの願いごとも忘れずに☆☆☆
星空指数

星空指数

(2014年12月14日 8時54分)

最新の5件

ムシムシ暑い北海道!

北海道 蒸し暑さが続く!

6月28日 19時38分

この先一週間、北海道では蒸し暑い日が続きそうです。熱中症や食中毒には注意が必要です。  [詳細を見る]

関東 7月初めは猛暑 熱中症厳重警戒

6月28日 18時57分

もうすぐ7月。関東では7月3日(月)から4日(火)をピークに、今年一番の体にこたえる暑さに見舞われそうです。群馬県や埼玉県など暑さで有名な所...  [詳細を見る]

週末から酷暑 まだ実感わかない37度

6月28日 16時37分

週末から真夏のような暑さに。真夏日地点は全国のアメダスの半数以上にのぼり、37度まで気温の上がる所も。東京都心では夜も気温が下がりにくく、熱...  [詳細を見る]

6月の九州 北は少雨、南は多雨

6月28日 15時59分

6月下旬に入り、九州は梅雨前線の影響を受けて、曇りや雨の梅雨空が続いています。今月の降水量は、九州南部は平年並みか平年より多くなっていますが...  [詳細を見る]

梅雨入り後の雨の量は?

6月28日 15時2分

九州から関東は梅雨入りから20日ほどたっていますが、太平洋側と日本海側で雨の量が大きく違っています。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

28日22:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ