トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 台風17号 今後の動き

台風17号 今後の動き

2014年9月26日 7時44分

相原 恵理子相原 恵理子
[日本気象協会本社]気象予報士 防災士 熱中症予防指導員

台風17号の進路予想図

台風17号の進路予想図

目先、台風が近づく小笠原諸島は高波や強風、強雨に注意。その後、ゆっくり発達、ゆっくり速度で北上し、来週前半から中頃に東日本へ影響の可能性も。こまめに情報の確認を。
台風17号(カンムリ)は、26日の午前6時現在、
小笠原近海にあり、ゆっくりとした速度で西へ進んでいます。

台風の接近に伴い、小笠原諸島では、
きょうは高波に、あす(土曜日)は強い風と強い雨にも注意が必要です。

一方、そのほか、沖縄から北海道にかけての全国広い範囲で、
きょう、あす(土曜日)、あさって(日曜日)と秋晴れとなるでしょう。
ただ、東日本や北日本の太平洋沿岸は、
台風からのうねりが入るため高波にご注意下さい。

来週前半から中頃に東日本へ影響か

台風は、発達も速度も共に「ゆっくり」で次第に北上し、
来週の前半から中頃には東海、関東などの東日本へ影響の出る可能性があります。

まだ進路や速度にぶれがあるため、こまめに最新の情報で確認するようにして下さい。
(出張などのご予定がある方は、出張先で台風の影響がないかどうか早め早めに確認を)

まだ少し先ではありますが、影響が出始める前に台風への備えをどうすべきか、
見て、聞いて、知っておくことが大切です。

以下のリンク先も参考にしてくださいね。

(2014年9月26日 7時44分)

最新の5件

6月の九州 北は少雨、南は多雨 NEW!

6月28日 15時59分

6月下旬に入り、九州は梅雨前線の影響を受けて、曇りや雨の梅雨空が続いています。今月の降水量は、九州南部は平年並みか平年より多くなっていますが...  [詳細を見る]

梅雨入り後の雨の量は? NEW!

6月28日 15時2分

九州から関東は梅雨入りから20日ほどたっていますが、太平洋側と日本海側で雨の量が大きく違っています。  [詳細を見る]

週間天気 週末は真夏の暑さ

6月28日 11時38分

今週は太平洋高気圧が勢力を強め、梅雨前線が次第に北上。週末は真夏のような暑さになりそうです。熱中症にならないよう、万全な対策を。  [詳細を見る]

28日の天気 九州から関東で梅雨空

6月28日 6時26分

梅雨前線は引き続き九州南部から本州の南の海上に停滞。九州から関東の太平洋側を中心に雨が降るでしょう。九州南部では、局地的に激しい雨が降ること...  [詳細を見る]

水曜の朝は傘を 雨脚の強まる所も

6月27日 18時44分

28日(水)、九州から関東は朝の通勤や通学の時間帯に本降りの雨となる所があるでしょう。発達した雨雲は海上が中心ですが、太平洋沿岸部では雨脚の...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

28日14:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ