トップ > tenki用語辞典 > 気圧配置 > エル・ニーニョ現象

tenki用語辞典

エル・ニーニョ現象(読み:える・にーにょげんしょう)

東部太平洋域で2~7年おきに海面水温が平年より1~2℃、ときには2~5℃も高くなり、これが1年~1年半程度続く現象のことである。南米の西海岸にあるペルー沖では、南東貿易風が東から西に吹いているため、海流が東から西へと流れている。そしてそれを補うように、深海から冷たい水が湧き上がっている。ここでは深海から冷水とともにリンや窒素などが表層に供給され、それをえさにするプランクトンが繁殖し、そのプランクトンをえさとするカタクチイワシなどの好漁場となっている。ところが数年に一度、海面水温が異常に上昇し、それにともなって漁獲量が激減する現象が生じることがある。最初はペルー沖の局地的な現象と考えられ、クリスマスの頃に始まることが多いことから、神の男の子(キリスト)を意味する「エル・ニーニョ」という名前で呼ばれていた。しかし、熱帯の太平洋全体におよぶ気象の変化と対応しており、さらには地球全体の気象の変化とも関係していたことがわかったことから「エル・ニーニョ現象」と呼ばれ、多くの人が研究している。南東貿易風が弱まると、西へ向かう海流も弱まる。このため、今まで、西のほうに吹き寄せられていた暖水が吹き寄せられなくなり、南太平洋東部の深いところにある冷水が湧き上がらなくなる。このため、南太平洋東部では海面水温が上昇し、エル・ニーニョ現象が発生する。また、このときにペルー沖でも、海面水温が高くなったことに対応して雲が発生し、普段は雨がほとんど降らないペルーの海岸砂漠でも雨が降り、エル・ニーニョの年には緑で覆われる。逆に今まで雨が多かった太平洋東部では雨が降らなくなり干ばつが発生する。エル・ニーニョ現象とは逆に、南太平洋の南東貿易風が強まって西へ向かう海流も強まる現象は、アンチ・エル・ニーニョ(反キリスト)現象ではなく、女の子という意味の「ラ・ニーニャ現象」と呼ばれる。深海の冷水がより湧昇し、ペルー沖の水温はより低くなり、エル・ニーニョ現象ほど顕著ではないが、世界中の異常気象と関係があるといわれている。気象庁では、エル・ニーニョ監視海域のB海域(北緯4度~南緯4度、西経90~150度の海域)の月平均水温を用いて、エル・ニーニョ現象およびラ・ニーニャ現象を定義している。
太平洋東部の熱帯域へは東から西へ貿易風が吹いており、これが通常より弱いとエル・ニーニョ、強いとラ・ニーニャとなる。

カテゴリ

関連記事
出典 書籍名 お天気用語事典(2002年初版発行)
著者紹介 饒村 曜
1951年新潟県出身。気象庁に入り、気象庁予報部予報課、総務部企画課等を経て、2011年に気象庁を定年退職。以降、青山学院大学・静岡大学の非常勤講師を務めながら、著述業に専念している。著書に「台風物語(日本気象協会)」、「防災担当者の見た阪神淡路大震災(日本気象協会)」、「図解 地震のことがわかる本(新星出版社)」、「気象予報士完全合格教本(新星出版社)」などがある。 また、Yahoo!個人でも積極的に記事を更新している。
出版社
株式会社 新星出版社

今日の天気(全国)

26日18:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ