トップ > 火山情報 > 阿蘇山 > 火山の状況に関する解説資料

阿蘇山の火山の状況に関する解説資料

2018年04月17日16:00発表

  レベル1(活火山であることに留意)

火山名阿蘇山
警戒レベル等  レベル1(活火山であることに留意)
位置・標高北緯32度53.06分
東経131度06.23分
標高1592m
<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

火山活動の状況及び予報警報事項

  孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後、3月10日以降も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が続いています。
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過しています。
 4月13日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりです。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。
                火山性地震  孤立型微動
   4月13日          26回   306回
     14日          26回   305回
     15日          31回   286回
     16日          27回   283回
     17日15時まで     21回   174回
 昨日(16日)実施した現地調査では、中岳第一火口内に緑色の湯だまりを確認しました。土砂噴出は確認されていません。湯だまり量は中岳第一火口底の10割で前回(3日)から変化はありませんでした。湯だまり表面の最高温度は約72℃(前回3日、約68℃)と特段の変化はありませんでした。また南側火口壁の最高温度は、約445℃(前回3日、約158℃)でした。南側火口壁の最高温度は、噴火警戒レベルを下げた2017年2月7日以降、約96℃から約660℃で推移しています。
 中岳第一火口では、本日(17日)、噴煙は白色で火口縁上600mまで上がりました。
 
 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

防災上の警戒事項等

  火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。また、火口付近では火山ガスに注意してください。

次の火山の状況に関する解説情報は、18日(水)16時頃に発表の予定です。 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。

阿蘇山の発表履歴(最新5件)

  • 阿蘇山 04月23日16:30
     (火山の状況に関する解説情報)
     噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続
  • 阿蘇山 04月22日16:00
     (火山の状況に関する解説情報)
     噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続
  • 阿蘇山 04月21日16:00
     (火山の状況に関する解説情報)
     噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続
  • 阿蘇山 04月20日16:00
     (火山の状況に関する解説情報)
     噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続
  • 阿蘇山 04月19日16:40
     (火山の状況に関する解説情報)
     噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ