トップ > 火山情報 > 米丸・住吉池

米丸・住吉池の火山情報

火山名米丸・住吉池
(よねまる・すみよしいけ)
警戒レベル等  活火山であることに留意
位置・標高 米丸
北緯:31.77度
東経:130.57度
標高:14m
住吉池
北緯:31.77度
東経:130.59度
標高:40m

米丸・住吉池について

米丸・住吉池は、鹿児島県の中央部、鹿児島湾北岸に広がる平野の縁に位置する。米丸・住吉池は、ほぼ東西に並んだ2つのマール(米丸マール、住吉池マール)で構成されている。米丸マールは直径約1kmの円形の凹地で沖積層によって埋積されており、住吉池マールは直径約500mで水深約30mの池となっている。米丸マールの噴出物としてはベースサージ堆積物と降下火砕物が、住吉池マールの噴出物としては降下火砕物が知られており、いずれの噴出物にもマグマ水蒸気噴火が発生したことを示す顕著な堆積構造が認められる(森脇他、1986、森脇他、2002)。
※気象庁ホームページより

噴火警報・予報

2012年2月以降ありません

火山の状況に関する解説資料

2012年2月以降ありません

噴火に関する火山観測報

2012年2月以降ありません

※2015年12月から(平常)のキーワードについては(活火山であることに留意)に変更しました。

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ