トップ > 火山情報 > 福江火山群

福江火山群の火山情報

火山名福江火山群
(ふくえかざんぐん)
警戒レベル等  活火山であることに留意
位置・標高 北緯:32.66度
東経:128.85度
標高:315m

福江火山群について

福江島は、長崎県五島列島にあり、北西部の岐宿(きしく)火山、三井楽(みいらく)火山、南東部の福江火山、富江火山から構成されている。福江島では、まず岐宿火山で94~68万年前にアルカリ玄武岩の活動がはじまり、その後、約30万年前に三井楽火山、福江火山群でもアルカリ玄武岩が活動した(永尾ほか、2002)。もっとも新しい噴火は、火の岳溶岩の流出である(寺井、1989)。なお、福江火山群の新期の活動は約9万年前からはじまった(永尾ほか、2002)。福江火山の新期の活動は以下のようなステージに区分されている。【Ⅰ】流動性の高いパホイホイ溶岩を噴出した、【Ⅱ】溶岩を大規模に流出し、比高30m±の溶岩台地を形成した、【Ⅲ】小規模な溶岩流を多数噴出した、【Ⅳ】噴石丘の形成とともに溶岩湖ができた、【Ⅴ】火口壁を越えて小規模な溶岩流が溢出した。なお、富江火山も新期の福江火山群と同じ時期に活動した可能性がある(寺井、1989)。
※気象庁ホームページより

噴火警報・予報

2012年2月以降ありません

火山の状況に関する解説資料

2012年2月以降ありません

噴火に関する火山観測報

2012年2月以降ありません

※2015年12月から(平常)のキーワードについては(活火山であることに留意)に変更しました。

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ