トップ > 火山情報 > 福徳岡ノ場

福徳岡ノ場の火山情報

火山名福徳岡ノ場
(ふくとくおかのば)
警戒レベル等  周辺海域警戒
位置・標高 北緯:24.29度
東経:141.48度
水深:22m

福徳岡ノ場について

南硫黄島の北東約5kmにある海底火山で、1904~1905年、1914年に火山島“新硫黄島”を出没させた。1986年の噴火では長径600m、高さ15mの新島が生じたが、噴火終了後海食によって消滅。3回の噴火で噴出した岩石(軽石)はいずれも粗面安山岩(SiO2 61~64%)。この付近を漁業関係者は“福徳岡ノ場”と呼んでいる。
※気象庁ホームページより

噴火警報・予報

2012年2月以降ありません

火山の状況に関する解説資料

2012年2月以降ありません

噴火に関する火山観測報

2012年2月以降ありません

※2015年12月から(平常)のキーワードについては(活火山であることに留意)に変更しました。

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ