トップ > 火山情報 > 伊豆鳥島

伊豆鳥島の火山情報

火山名伊豆鳥島
(いずとりしま)
警戒レベル等  活火山であることに留意
位置・標高 北緯:30.48度
東経:140.3度
標高:394m

伊豆鳥島について

直径2.7kmのほぼ円形の火山島。海面上の高さは約400mだが海底からの比高は約800m。玄武岩~安山岩(SiO2 48~60%)の成層火山。山頂部に直径1.5kmの外輪火口があり、その中に2つの中央火口丘、子持山と硫黄山がある。島の北斜面にはマグマ水蒸気爆発による馬蹄形火口が2つある(その1つである兵庫湾は1902年に生成)。1902年には、島の南方海中、頂上部、北海岸で強い爆発的噴火を起こした。1939年には安山岩マグマ(SiO2 54%)の活動により、頂上に噴石丘硫黄山を形成、北方の千歳浦・兵庫浦へ溶岩が流下した。現在は硫黄山付近で硫気活動。1947年に気象庁鳥島気象観測所が設けられたが、1965年11月の群発地震で全員撤退、無人島となる。
※気象庁ホームページより

噴火警報・予報

2012年2月以降ありません

火山の状況に関する解説資料

2012年2月以降ありません

噴火に関する火山観測報

2012年2月以降ありません

※2015年12月から(平常)のキーワードについては(活火山であることに留意)に変更しました。

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ